愚痴ばかり言う人の心理と対処法

不満を言う人

 

「愚痴ったところで…」と頭では分かっていても、どうしても言わずにはいられない時って、

誰しもありますよね。

 

親しい間柄ならお互い様なところもありますが、口を開けば愚痴ばかり言う人が身近にいたら、

聞かされる側はたまったものではありません。

 

言う方は一時的にスッキリするかもしれませんが、聞いてる方は疲れてしまうし、何よりストレスが溜まります。

 

そこで今回は、愚痴ばかり言う人の心理と、そういう相手とどんな風に関わればいいのかなど、

対処法をお伝えしたいと思います。

 

 

 

愚痴を言う心理

気持ちを分かって欲しい

愚痴を言う人は、被害者意識が強く、自分の気持ちを分かって欲しい、認めて欲しいという隠れた欲求があります。

 

「それは大変だったね」「腹が立つね」「あなたが怒るのは当然だよ」

 

どれだけ自分が大変だったのか、ツラかったのか、そんな自分の苦労を労い、味方になって欲しいのです。

 

 

自分を正当化したい

上司が、夫(妻)が、子供が…と問題を誰かのせいにすることで、自分は悪くない、間違ってないと、実は自分自身に言い聞かせているんです。

 

なぜかというと、心の奥底では「私(俺)はダメな人間だ」と自分を責めているから。

 

 

不満を感じながらも、自分には現状を変えられる力はないと思い込んで、そんな自分に無力感や劣等感を感じています。

でも、それを認めるのはツラいので、誰かや何かのせいにして不平・不満、文句を言い続けるのです。

 

問題と直面することから逃げている状態なので、結局何も変わらず、愚痴が止まることはありません。

 

 

 

愚痴を言う人への対処法

アドバイスはしない

愚痴を聞く人というのは、相手の力になりたいという気持ちがあるので、問題を解決しようと考えてしまうんですね。

すると、「そんなに大変なら会社辞めればいいんじゃない?」とか「愚痴ってないで相手に伝えたら?」と、ついアドバイスをしてしまいがち。

 

ですが、愚痴ばかり言う人は現状を変えるつもりはないので、「うん、でも…」と水掛け論になったり、自分が否定されたように感じて逆上してしまう場合も。

 

愚痴を聞く時は、相手は気持ちを分かって欲しいだけで、解決をしようと思ってるわけではないと心に留めておくといいですね。話を聞くのであれば、聞くことに徹することが大事です。

 

 

距離を置く

ニコニコと楽しそうに笑っている人を見ると、自然と楽しい気持ちになったり、泣いてる人を見ると、自分まで悲しい気持ちになった経験はありませんか?

 

人間は他者の感情にとても影響を受けます。

身近な人間であれば尚のこと。

 

だから、不平・不満・文句を聞いていると、そのネガティブな感情が伝わってきて、

聞いてる方は次第にしんどくなってしまうんです。

 

愚痴が始まったなと思ったら、話題を変える、「そういえば用事があったんだ」とさり気なくその場から離れるなどして、上手く距離を置きましょう。

 

 

 

何よりも自分の気持ちを大切にする

距離を置いたことでストレスは減ったものの、「やっぱり聞いてあげないと可哀相かな…」と罪悪感が襲ってくるかもしれません。

 

そんな時は、「私が自分の気持ちを大事にすることは、○○(相手)を見捨てることじゃない」と自分のこころに伝えてください。

 

相手を思うあなたの気持ちはとても尊いですが、その人の問題はその人が引き受けるしかありません。

 

あなたが何とかしてあげようと思うと、相手は依存してしまい、ますます問題が深刻化する場合もあります。

 

 愚痴を聞くなということではありません。余裕があれば聞いてあげればいいと思います。

ただ、聞かないという選択肢もちゃんと自分の為に用意してあげることが大事なんです。

 

まずは、自分の気持ちを何よりも大切にしましょうね!